中華まんに覚せい剤隠し密輸=台湾人の女を逮捕−成田空港(時事通信)

 中華まんの中に覚せい剤約1.9キロを隠し密輸しようとしたとして、東京税関成田支署と千葉県警成田国際空港署などは12日までに、関税法と覚せい剤取締法違反容疑で、台湾人女性の張浩淳容疑者(20)を現行犯逮捕した。同支署によると、「無職で金に困り、報酬目当てで運んだ」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は1月22日、台湾の桃園国際空港から、中華まん306個の具材の代わりに、袋に小分けした覚せい剤計約1・9キロ(末端価格約1億1600万円)を2袋ずつ隠し入れ、密輸しようとした疑い。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
イラン人密売組織のリーダー逮捕=住宅街で薬物密売
ミュージシャン竹前容疑者を逮捕=自宅で大麻所持容疑

勤務時間管理で先進例調査=超勤縮減も視野−総務省(時事通信)
男性被告が首つり自殺=山口刑務所(時事通信)
<衆院予算委>鳩山首相「小沢氏は説明尽くすこと大事」(毎日新聞)
輸血準備「いらん」 執刀の山本病院理事長、患者死亡の一因か(産経新聞)
新型インフル特需で手指殺菌消毒剤市場4倍に―富士経済(医療介護CBニュース)
[PR]
by 2zp3hbskz5 | 2010-02-16 01:28
←menu