概要公表「公益性かんがみた」=銃撃事件時効で警察庁長官(時事通信)

 安藤隆春警察庁長官は1日の記者会見で、国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の時効後、警視庁が捜査結果概要を公表したことについて「治安に重大な影響を与えた事件であり、説明責任など、公益性にかんがみて公表に踏み切ったと理解している」と述べた。
 解決に至らずに時効を迎えたことに対しては「事実を重く受け止め、これまでの捜査をしっかり検証してほしい」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件〜ついに時効!〜
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「警察庁長官銃撃事件」
〔用語解説〕「警察庁長官銃撃事件」
警察庁長官銃撃を不起訴=「特定至らず残念」

国家試験合格率、PTが92.6%、OTが82.2%(医療介護CBニュース)
<踏切事故>山陽電鉄で特急にはねられ小1死亡…姫路(毎日新聞)
<アートナイト>一夜限り 街は美術館 東京・六本木(毎日新聞)
「参院選後は政界再編」=民主・渡部氏(時事通信)
首相「私という政治家がいなければ勝場君も…」(産経新聞)
[PR]
by 2zp3hbskz5 | 2010-04-05 23:22
←menu